草木染・フェルト通販 自然体験のフィトンチッド
    HOME»  ユリアスの涙

    ユリアスの涙

    今夜もエリダヌスの大河にひとつの流れが走る。
    またひとつ、またひとつと・・・
    それは、地上の人々の哀しみをすべて背負った天の女神ユリアスの涙・・・。
    無意味な争い、自然の破壊・・・

    「地上の人々よ、どうか笑顔の生命であっておくれ」
    そう願うユリアスの涙は、今夜もとまらない。

    夏のある夜、それは無数の流星雨となり、地上にふりそそいだ。
    その末裔は、今でもみずがきの森の奥深い清流の中に眠っている。
    ある日、ひとりの少年が、美しく光り輝く石を手にとった。
    少年は感じた、天の女神ユリアスの涙の結晶なのだと・・・

    それから少年は、地上の人々に自然の美しさを説くようになった。
    その少年の姿は、人々を立ち止まらせた。

    それから数年がすぎたある夜、満天の夜空に輝くペルセウスのかたわら、
    光り輝く銀の流星が夜空をかけぬけていった。
    それは、ユリアスのよろこびの涙・・・。

    by Kouji

    水晶